Archive
Categories

Artikel-Schlagworte: „PR“

ドイツおよび西の4つの説

[Machine translation. No liability for translation errors. 機械翻訳。翻訳の誤りに対しても責任を負いません。]
Comments in English, please. View original article

Schattenkoenig著

Carolyn Yeagerとのインタビューのために準備するためには、Schattenkoenigは英語でドイツ(および、一般に、西)状態のある重大な面を強調する次の思考を解決しました。

I。 Geopolitikのドイツの概念

言葉は中世以来ドイツに考えることを支配した全体眺めの伝統でドイツ国(ドイツの国家の神聖ローマ帝国)が一種の自主性および国民性を維持した国家のための命令の支柱を形作ったときに、ドイツのドイツ国に集中し、創設される全体的な政治作戦の輪郭を記述します。 新しい年齢では、異なった人々のへの点を」与える遺伝の視点は特性確立されました。

最も重要な自然に与えられるものがの科学的で、合理的に得られた見通しのドイツ語Geopolitikの定着は私にようです。 それは人々について現実のために不十分であるユートピア的なイデオロギーに従って人々を形作るかわりにそれらがであり、実際にもの現実的な潜在性がであるもの現在の考えます。 不運にも1945のドイツに勝利力はイデオロギーの概念を次、人々ののための少し点が」自然な状態ありました。 現実によりユートピア的な眺めが失敗すればひどく„の変更に事実をはっきり言うために残っている自由無しで新しい全体主義および地球及ぶソビエト連邦で-すべての世界まで…それを目覚めれば強制されれば「現実のためにならせる。

Geopolitikは目指す世界に力があったという事実を十分に把握して非常に全体的な全体主義および人工的なシステムを建てます。 ドイツの知識人はすべての国家を圧倒し、世界経済システムに混ぜることの目的の挟み撃ち作戦のよりよい類似、2本の腕の双方として十分に西部の寛大な資本主義およびマルクス主義をの1個のメダルまたは、確認しました。 Geopolitikはあとでフランス、イギリスとソビエト連邦によって引き受けられたこれらの試みに対して防御的な理論でした。

ドイツの地理政治学の理想は„の有機性国家「で、と最上にある特定の潜在性を実現している物理的、道徳的そして経済的に健康な人々を定義しました。 国民経済は依存から外へ向かう興味に保護されるべきでした従って„の自給自足のための努力は「採用されました。 すべてを作り出せるそれ国家は守られた寄宿生の内で対立の場合にはゆすられるか、または窒息してまずないです必要とし、消費します。

この概念は第1次世界大戦の前に既に強い刺激であり、遺伝学によってdeterminated人々および政治決定の特性を信じたと同時に国民の社会主義者は„の人種的な純度の概念を「加えました。 これはまた重大エラーの例えば原因となりました彼らがイギリスがフランスおよびロシアに対して自然な同盟国であると期待したと同時に。 それらは英本国(およびまた米国人々を全く、経済的そして精神的に支配することができる秘蜜力によって)完全に下を掘られ、覆されたのでにちがいないそれから実際に何が起こったかからそれ以上。

ドイツの人々が人口統計学の成長にその時にまだあったと同時に概念は開発され、ドイツに既に高い人口密度、„のLebensraumのの概念が「得られた重要性ありました。 自給自足および強さを自分自身で得る機会がなかったより小さい国家がすばらしい隣人へ消え、くずれることだったという考えは最も早い概念から上がるようでヒトラーおよび国民の社会主義者によってだけ一種の国家の社会進化論として大衆化されました。 概念は集団虐殺とは全くまたは人々もう1つを支持して根絶の関係ありませんが、国がベルギーを好む理論があったので、ルクセンブルクにかポーランドは非常により長く存在の見通しがありませんでした、それはそれらを地図を離れて慎重に拭き、ドイツの支配権に人々を抑制するもはや大きい事のようではないです。

Geopolitikにまた固有の境界を持っていないそして従って外国の侵入に応じて何世紀にもわたってあるドイツの自然な状態のために既存のボーダーのための少し点がありました(戦争例えば30年の」)。 興味の唯一の寄宿生はドイツの人々が絶えず拡大したら、拡大する„Volksgrenzeが「、で軍の平均にまたくずれます。

II.経済学のドイツおよび西部の概念

Geopolitikとして同じような方法では、経済学のドイツの意見は統合され、全体でした。 それは全く自由な市場が人々の自由そして保証への厳しい脅威を与え、多くの飢餓および集団虐殺に行きつくかもしれませんこと、ドイツの寄宿生を越える一致、いままで常にでした。 „によって自由な経済では州は「そこに市場のより大きい制御とより大きい利益へのプレーヤーの活動的な見当であり、より多くの利益はプレーヤー作れましたより強大のおよびより少なく良心的彼は、および彼が人々の福祉もっぱら彼のをない利益気遣うが、ように、結果です一般の消費者によってが支払ってない基本的ニーズの事のための価格の大きい独占なります。

フランスのような他の欧州諸国からのドイツの経済的な科学者は、イタリアかイギリス、国民の繁栄の目的に達するために、そこに水、電気、食糧、コミュニケーションおよび輸送のような基本的ニーズの事のための集産主義的な経済、確立されなければならなかったことわかってい。

経済的なliberalistsに今日話して、この事実を思い付けば、彼らは通常„の「社会主義マルクス主義者「、„または他の乱暴な言葉であるためにそのような種類の思考を公然と非難します。 彼らはあらゆる経済的な動きの総自由、人々の特に自由およびお金の概念をinhalated。 思考を完全に開発できる前でさえも反対を沈黙させるために彼らがオーデルでそうする間、真実からそれ以上であることができませんでした。 実際は、総市場の自由の概念はそれ自体経済に従来の大陸アプローチより大いにマルクス主義です。

科学的なおよび政治討論を今日支配すると同時に、自由主義は国民の経済学の従来の理論で根がない全く異なる学派から来ます。 人々のための働くか、または組織の仕事そして供給の分野で寛大な経済の必要な仕事を持っていた個人的な経験をないある特定の区域の作り出したむしろ対処される地区に跨る貿易または株式市場で人。 従ってそれは自身の経済的利益が理論的な建物を支配することを来るという驚きではないです。 これらの人々は中央経済的な„の法律にそれが立法へ重力の法則しかし要求として自然法ではないが、貿易のための境界の彼らの興味を「作りませんでした。

今日実際は莫大な量の利益を得るために全体的に貿易心配を作動させるためのすばらしくunproblematic方法であるフリーマーケットの„理論は「ひとつひとつの国家に„4の基本的な流れ「を強制することを敢えてします。 これらの流れは次のとおりです: お金(Investitionsおよび利益)、商品(天然資源は、プロダクトどこでもどこでも許可されなければなりません)、情報(生産要素に関して)および労働力。 これらの最後の事は地球を渡る労働者の自由な流れが全体の人々の上で定着し、開発の無情なシステムおよび利益の最大化にそれらを強制するので、すべての最も危ないです。 この4つの流れを確保するためには、米国の防衛戦略は第5流れを確立すると考慮します: 実際に平均「米国戦略的なサービス」ののそれ、: 流れの実施に抵抗するあらゆる国家の戦争。

マルクスが„の資本主義を「批判する一方、それは彼が記述する資本主義のこの形態常にです。 早い19。世紀の観点から市場を限り、緩和する実際の方法虚偽行った国民の福祉を支持して印象的な立法によってドイツのこれです。 マルクスの」主要な議論は次のとおりです: 経済では彼がそれを記述するので、回転は必要です。 しかしマルクスが回転を必要ととにかく考慮するので、なぜ許可されなかった事が固まりのための実際に悪い最初にひっくり返す。 従って最後の150年の間そう非常によいに沿って常に得られる最も不謹慎な資本家、国際的な銀行家およびマルクス主義者。 実際はマルクス主義者は彼らの汚れた必要な仕事をする銀行家の」突撃隊員です。

規則のマルクス主義システムはいずれにしても、またははう脅迫としてマルクス主義の回転によってならばそれが今日であるので、来ます。 西部の自由主義も古典的なマルクス主義もその挟み撃ち作戦からヨーロッパおよびアメリカの社会を導きません。 全体経済学の長い伝統があるしかし忘れ去られた大陸理論の多分考察は出口を提供するかもしれません。

III.戦争の宣伝

大きい国民国家の確立の後で、すばらしい常備軍は設置され、これらの軍隊に提供するためにだったものののため感覚を、状態はより大きいスケールの宣伝を行なわなければなりませんでした。 西側主要国、特に英本国は、このポイントを非常に早く持っていました。 英本国は、第1位置から、多分大陸に上がる並行操作を恐れていたので、ドイツのドイツ国をencirculatingの原動力でした。 人間関係のドイツに対して戦争をプロパガンダによって準備するためには、„のTavistockの協会は「創設されました。 それ聞かれるか。 そしてそれは100年間存在に、今まだあります。 この協会は人々としてドイツの悪魔化の原因のための名誉毀損、不名誉およびうそをinstrumentalized。

戦時公債を得ることは英本国の戦争の手段、宣伝ポスターでセットアップされた協会を融資するために簡単なイギリスの市民に目指す全世界を征服し、ブリトン人を奴隷にするドイツの考え販売しました。 彼らは赤ん坊」手断ち切り、ベルギーの尼僧を強姦し、そしてWWIのブタの食糧に落とされたイギリスの兵士を-処理しているドイツの兵士のうそを広げました!

エドワードBernaysと名前を挙げられるこの人があります。 彼はアメリカのユダヤ人、ジークムント・フロイトへの甥でした。 ユダヤ人ネットワークがアメリカにドイツに対して英本国と力を合わせてほしかったのでBernaysは英本国に行き、アメリカの人々に宣伝の目的のTavistockの協会で米国が接しなかった決してそれへの直接脅威を与えなかったし、ドイツに対して戦争を信じたまで、でした必要はたらきました。 ことができまあなたの故国を、それ自身のための最もわずかな興味なしで外国力を支持して戦争に得ますより反逆の大きい行為について考えるか。 戦争が終わった後、Bernaysは広告とPR活動として知られるようになった一般向けキャンペーンのためのプロパガンダの技術のいくつかをinstrumentalized。

ドイツにこの背信に対して置くことを何もありませんでした。 「粗野な「戦争を求める„„または„の軍国主義者「であることの告発を無効にすることを武力のための国民教育、支出および造られた戦争船の量についての事実そして図を示すことを試みました。 残念ながら、これらのトピックについての真実は数としてだけりっぱであり、数を示す宣伝ポスターは人々の」目つかまえ、戦時公債からのお金を持って来て非常に想定されていません。 1917年現在にだけ、ドイツ人は単語の„のHelftのunsのsiegenの兵士を「示す彼らの最初映像だけ宣伝ポスターを作りました(私達を勝利助けて下さい)。 それは前のポスターの結果を10倍の上げました。 ドイツはWWIをmilitarically失った前に悲劇的に、戦争をプロパガンダによって失いました。

そしてドイツがWWIの宣伝の災害から結果を引いたようにWWIIで繰り返されるこの悲劇。 Goebbelsの同盟国」のプロパガンダの枝が世界上のさらにもっとひどいうそを広げる間」、評判が悪いうそを言うこととして続いて悪魔化された公共の啓発および宣伝のための大臣実際にちょうど人の心を捕える見出しに事を入れる方法を見つけました。 残念ながら、大いにより少なく再度失われてあり、すべての罪をあらゆる戦い力責任にされた力は託しました。 どんな種類の知り同盟国」戦争の宣伝がだったかたいと思ったらちょうどIlja Ehrenburgの名前を調べて下さい。

IV. The situation in Germany today

Any German who still thinks the German education system will provide him with an adequate mindset is hopelessly enslaved by the Matrix. Germany today is not a free country, but the elites never stop praising their system as „the most democratic, the most free state ever in existence on German soil“. In fact, you are free to consume drugs, you are free to kill your children as long as they are yet unborn, you are free marching naked through the streets on one of those notorious CSDs – but you are NOT free to call this kind of „freedom“ decadent and menacing to our future. You are also not free to claim that the procreation of imported Islamic minorities will not only put these symptoms of decadence to an end but also will bury the small rest of our civil rights when they start struggling for the installation of Sharia Courts.

This struggle is IMO about to come, but I don’t consider it to be possibly successful. Islamists have been brought in in masses to destroy the traditional character of the country, to riot in the streets and to stoke fears among the populace, but the main purpose is to make the peoples more likely to accept a totalitarian control system, a Police state which is designed mainly by the EU. The Federal Republic is even eager to deconstruct its own statehood, its own possibility to handle the coming conflicts because the FRG-Pseudo-Elites are so eager for careers in Bruxelles and are, of course, highly confident in the European Utopia. What the average German says about this bureaucratic juggernaut doesn’t matter at all, as with modern media manipulation tools in „modern-day Democracy“, the „Souvereign“ (i.e. the average) can be forced into arbitrary states of mind.

In 2007, I took part in a demonstration in Bruxelles on September 11th in order to commemorate the victims of the New York atrocity. At that time I was still very much „critical to Islam“ and believed the lie set up by people like Ralph Giordano („Not migration is the problem, but Islam is“ – in fact it’s just the other way round). But nevertheless the event was forbidden by the Communist Bruxelles mayor (in Belgium, unlike in Germany, mayors even have the power to forbid demonstrations). Heavy armed police forces were out on the streets, with armored cars on every corner. I saw a man arrested for nothing but standing with a Crucifix and recitating verses from the Bible. I saw people getting handcuffed for flying national flags. Later I heard that there were even MdEPs (Members of European Parliament) and members of the national parliament of Belgium, of the group Vlaams Belang, heavily beaten up and taken into arrest. The Bruxelles mayor had deliberately ordered French-speaking police forces from the Walloonia to „pacify“ the situation, exploiting the inner-Belgian national conflict for his purposes. In Bruxelles, the Muslim part of the population was then already 57%, and the Communist Party led a coalition with several Islamic fractions in the town hall.

In 2008, there was a rally organized in Cologne called „Antiislamisierungskongreß“. A few hundred demonstrators were present, but the official city government organized a counter-demonstration which consisted of more than 20,000 leftists and „Gutmenschen“. The mayor of Cologne, whose son was even killed by a Turkish car driver in 2001, called the conservative demonstrators „braune Soße, die ins Klo gehört“ (brown sauce belonging into a toilet). The Police „failed“ in protecting the demonstrators, of which some were heavily beaten up. A river boat they had rented for the day was thrown at with stones so it almost sank. Finally the whole event had to be blown off. Leftist and militant „Antifa“ forces, indoctrinated school classes, Marxist priests with their also indoctrinated parishes join forces with the official administration – and in the future also with the police – against those who simply rally for Germany to keep its German character. This mess is called „Aufstand der Anständigen“ (Rise of the Righteous).
To provide oneself with a more adequate picture of his country’s very own history, one has to really be both courageous and creative. There is a newspaper which is in fact just a little bit more right-winged than the Allied-licensed press cartel (Junge Freiheit). It comes out weekly on Fridays. Sometimes when I wanted a copy, all the copies from my local kiosque were sold out by Friday 12:00 and no copies were left. This wasn’t because of a high demand for the paper but because the copies were not delivered to the kiosque – some leftist working for the delivery company had got behind what was in the package and simply annihilated it. In another press shop I asked for that newspaper and almost was kicked out by the shopkeeper, who then got a highly red head and almost wasn’t able to speak properly how much she despised of „people reading such papers“, and she „didn’t want to have to do with such papers“.

And the Junge Freiheit is long not capable of providing you the entire picture. Articles on general history dealing with the national socialist epoque are quite sparse. I most profited from reading the „Deutsche Geschichte“, a revisionist magazine which appears six times a year. The Editor reported of one case in which shopkeepers were threatened to get their shops burnt down by Leftists for just having the Deutsche Geschichte in its shop! The Editor also organizes meetings with Revisionist experts. Those meetings regularly have to be cancelled, as there are Leftists who „inform“ the hotel owners on what kind of historical views their guests have, and then the hotel clerks refuse to grant access for the referents.

This is also the way Leftists deal with unwelcome political forces such as „Die Freiheit“ (which internally is, in fact, more liberal than the CDU) or „Pro Deutschland“. These groups are simply unable to find a location to conduct their party meetings at because the location owners always get „informed“ and then act as expected. Nobody can publicly allow himself to be courageous, as reputation can – and will – be immediately destroyed. Would you want to resist a force which is willing to rip you off everything you own and even threatens to harm your home and family?

The head of the right-wing NPD, Udo Voigt, also once got kicked out of a hotel where he was spending his vacation. The hotel owner’s „explanation“ was that the other hotel guests’ right for an undisturbed stay at the hotel would outweigh the right of Mr. Voigt to stay in the hotel. Furthermore, as a private businessman he was able to decide who he wanted to have business with and with whom not. Mr. Voigt went to a court, which ruled that the hotel owner was right in doing so.
Such was the state of the German Nation in the past decade, and the actual decade is far from doing any better.

Diesen Beitrag weiterlesen »